好きなものと自分に合っているもの

転職活動を十月から本格的にしようかと考えています。今賃貸なので、年内までに決まらなければ実家に帰らなければならない、それはいや、なので、年内で決めるぞ!と思い立ちました。

それで、いくつか候補をピックアップしているのですが、私は華やかな業界に憧れを持っているようで。でもね、思い出したけど大学の時の就活でも同じことやって、ほとんど面接通らなかったんだよね。なぜなら、私は「クソ真面目」に見えるから。要は、地味ってことですね。おとなしいよね、ってよく言われます。好きなものとか、やりたいことは結構派手なものが好きだったりするから、最初は本当の自分は違うのに!って憤慨していたけれど、最近はうまく受け止められるようになっていて。大人しいって思われるのも、真面目って思われることも、とても大事なことだし、実際難航していた私の就職活動に終止符を打ってくれたのは、堅実な印象を受ける会社さんたちばかりだった。ということで、やりたい業界と自分に合う業界、割合としては後半ちょっと多めで頑張ろうと意識を変えました。頑張ろう。あ、ちなみに私の最終目標は前回の記事でも書いたかもしれないけど、ハンドメイド作品を作ってフリーマーケットに出てみること、そして、ゆくゆくは色々なハンドメイド作家さんたちと交流を持って、収集して、雑貨屋さんを開くことです。これはかなり前から温めていた私の小さな夢です。店舗を持てたら嬉しいけど、今はネットで雑貨屋を開くこともできるから。夢は無限大!というやつですね。